小太朗の徒然日記
2015/08/30

インチキ歴史家を目指すジンの本棚

jkamui173
フリーバス ブログ

我々日本人が置かれている今を考え、理解するためには素晴らしい本だと思いました。

本文の最後に記されている文章

「私はもちろん戦争待望論者でもなければ、特攻讃美者でもない。
そうではなく、志願して国のために自らの命を投げ出した70年前の若者たちの
苦渋や葛藤に満ちた諦念と覚悟を少なくとも精神の上で引き繋がぬ戦後は、
すでに繁栄の只中で“堕落”し続けているのではないかと思うのです」

日本人の精神構造は、従属してる某国とは相容れない異なるものであることを
再認識するところから、今の日本そして将来の日本の進むべき道を考えなければ
いけないと再認識させられました。