小太朗の徒然日記
2015/09/27

インチキ歴史家を目指すジンの本棚 Ⅲ

jkamui173
フリーバス ブログ

シルバーウィークに読破したかった本たち。
25日に読破終了しました。

インチキ歴史家ジン

インチキ歴史家ジン

ルーズベルトさんがこんなに悪人だったなんて・・・・

先の世界大戦の責任者は、

1番 ルーズベルトさん

2番 チャーチルさん

3番 スターリンさん

4番 ヒトラーさん

5番 ポーランドの外相さん

6番 山本 五十六さん

戦後の体制を決めた大悪人

特1番 スターリンさん

2番  ルーズベルトさん  

3番  チャーチルさん

4番  ルーズベルトさんの側近(ロシアのスパイだった人)

日本が突き付けられた「ハルノート」存在を、
当時、そして今も、アメリカ国民の1%も知らないらしい。
世にも恐ろしい世界分割論のお話でした。

怖いですね。歴史の真実の隠ぺいは・・・・
そして、本当の真実がわからなくなるのがもっと怖いですね。
(ルーズベルトの開戦責任よりの感想)

 

ビジネスの利益は「差異」の存在から生まれる。

人件費の高い安いの差異。

技術力の高い低いの差異。

「差異」を生じさせると利益が生まれる。

付加価値なんて考えるから難しくなる。
「差」をつければいいんだ。
(ヴェニスの商人の資本論よりの感想)

 

いやぁ~ 読書って本当に良いもんですね。