小太朗の徒然日記
2015/10/03

私たちの「目的」と「手段」

jkamui173
フリーバス ブログ

物事を考えるうえで「目的」と「手段」を違えない。

非常に重要だと思っています。

たとえば、

「ユニットバスを売ること」が目的とするのと、

「お風呂空間を提案すること」が目的

では、全く違った戦略が組み立てられていくと思います。

目的は一つ、その目的を達成する手段は無限だと・・・・。

だから、目的と手段の取違いは致命的になると思います。

目的が無数にあってその目的を達成する手段が唯一なんてありえないと思うのです。

私たちフリーバス企画の商売の目的は、

「ワクワク、ドキドキの幸せお風呂空間を創造し提案すること」

その目的の達成手段として

「安心、安全なオーダーメイドユニットバスを製造・販売する」

「高度なお客様の要求にも応えることのできる天下無双の創作バスルームシステムを製造・販売する」

があります。

だから、私たちはちょっと視点の違った空間を提案し続けたいと思っております。

 

ワクワク、ドキドキな幸せお風呂空間の提案例。

「なぜ、お風呂の隣の部屋は、洗面室なのか?」
もっと、くつろぎの空間にしよう。

なぜお風呂の隣の部屋は洗面室なのか

合理的にそしてコスト的に考えると、お風呂の隣の部屋は洗面室であることは間違いありません。

でも、真にバスルーム空間をリラックスできる空間にするには・・・・・。

お風呂空間に入る前、出た後のくつろぎ空間の存在が重要だと考えます。

そこで、この提案は、「お風呂空間の隣室は和室」です。

なぜお風呂の隣の部屋は洗面室なのか

 

 

使用していない部屋があったら・・・・・

「あなたが大好きな空間にバスルーム機能をプラスしたら如何でしょうか。

たとえば、6畳の部屋を、地底遺跡のバスルームにするとか・・・・・

地底遺跡のバスルーム

浴槽から岩が飛び出ていたり・・・・・

お風呂岩石

 

これらのことを考えて、

提案するフリーバス企画初の17周年記念のプロダクト空間が「薫風」です。

和風バススタイル薫風

和風バススタイル薫風

 

 

日本のお風呂空間をもっとワクワク、ドキドキ空間に。

そして、日本のお風呂空間を幸せ空間にしよう。

お風呂空間が幸せ空間になれば、家族が幸せになる。

家族が幸せになれば世界平和間違いなし。