こだわりのオーダーメイド バスルーム・お風呂リフォームはご相談ください│ > フリーバス ブログ > 【小説】真実湯のものがたり ~第16湯 お受験湯治~
風呂デューサーコラム
2016/06/02

【小説】真実湯のものがたり ~第16湯 お受験湯治~

jkamui173
フリーバス ブログ

旅館、真実湯(まことゆ)の湯守(ゆもり)をしとります、ゲンといいます。

よく温泉に入ると肌にいいとか、病気が治った、なんて話を聞きますがね、
温泉の本質はそういうことじゃあないんですな。

私は長年、お湯と向かい合って、はいられたお客さんと話し合って、
いろんなお風呂の側面っていうものを見てきたんですよ。

それでは、真実のものがたりをお話ししましょう。

 

人生にはいろんな「転機」がありますな。

「就職」「結婚」「死別」…
ことの大小はどうあれ、突然のこともあれば、長年準備して迎えることもあります。

人生最初の転機……受験ではないでしょうか。
受験と湯治、一見相反するようですが、実のところどうなのか。

実体験する機会があったのでそのお話をしましょうか。

 

 

真実湯は宿全体の貸切もしています。
研修の合宿やサークルの合宿なんかで利用されていますね。

今回貸切のお客さんは小学生、えーと、塾ですね。
中学受験をする小学生が20人、講師の先生が5人で泊まりに来ることになりました。

温泉楽しい

小学生から受験なんて発想が私にはないもんですから、
どういう気持ちで接すればいいのか、ちょっと戸惑いましたよ。

到着してみるとなんてことはない、きゃっきゃとはしゃぐ普通の子供たちでした。

そのまま子供たちは事前に分けた班ごと部屋に入り、筆記用具を持って広間に集合。
中学受験の小学生を受け入れるという未知の体験に不安だった私ですが、
広間に集まってもやはり小学生らしく友達とおしゃべりしている様子を見てほっとしました。

そこに先生が入ってくるとみんなピターッ…とおしゃべりをやめ、
座布団に星座、背筋を伸ばし正面を向いたのです。

 

「みんなバスの移動お疲れさました。それでは授業を始める前にスローガンを確認します。
大きな声で発声しましょう。」

「ひとつ!努力は裏切らない!ふたつ自ら学ぶ!みっつ!絶対合格する!」

「はい、セイイチくん、スローガン覚えてこなかったの?授業が終わったら外で練習します。
あとで来てください。では最初の授業を始めます。」

 

…呼吸ができませんでした。
いまだかつて真実湯で、こんなに息苦しい時間があった記憶はないですよ。

足音を立てずこそこそと広間を後にし、不意に帳場に目をやると受付担当の女中さんの顔が真っ青でした。
私と同じく、呼吸ができなかったようで。

 

18:00頃に授業が終わり、ご飯の時間までお風呂の時間になりました。
緊張の糸が切れたように疲れた表情と終わった喜びが滲み、また子供らしい顔を見ることができました。

今回は3泊4日の合宿、夕飯は毎日変えます。
今日はこどもたちが大好きなカレーです。やはりこの時間は子供の時間、笑顔が溢れています。

食事が終わり

 

「今日は疲れたね、明日も頑張ってよ」

 

と声をかけると

 

「この後もまだあるんだよ」

 

ご飯を食べたら自由時間、そのあと寝る時間じゃないのか…?
また広間に集まって、勉強というよりは受験の心得を話しているようでした。

横目で見ていると表情は真剣そのもの、サボろうなんて子は一人も見受けられません。

翌日、またその次の日と、彼らの勉強時間は1日10時間に及びました。
見ているこっちが知恵熱を出しそうでしたよ。

 

最終日、お風呂あがりの子供たちに聞いてみました。

 

「ねぇねぇ、勉強楽しい?」

「楽しくはない!」
「楽しいわけねーじゃん!」
「お勉強するのはおじさんがお仕事してるのと一緒なんだよー。」

 

「そうなんだ、じゃあ何が楽しい?」

「ご飯とお風呂の時間が楽しいよ!」

「お風呂楽しいー!」

「おれ温泉大好き!」

温泉楽しい

「なんでお風呂好きなの?」

「えー?楽しいから!」

「サッパリすると気持ちいいから!」

「パンパンの頭がふわっとするよ!」

 

子供たちらしい答えが返ってきました。でもどこか、温泉の良さを飾らずに凝縮した答えな気がします。

 

合宿の最終日、帰るまで自由時間です。子供たちは先生と近所の川で遊んでいました。

「いやー、子供たちは元気ですな、たくさん勉強した後でもあんなに元気で。」

「今回は特別元気ですよ。いつも最終日は自由時間にしていますが、疲れ切ってる子が多いんです。」

「普段の合宿となにか違うことをしたんですか?」

「そうですね…勉強時間ややりかたは同じです。
ただ、いままではお風呂は部屋に備え付けのものに各自入ってもらっていました。
今回は宿を貸切ということで、大浴場でみんなと顔を合わせる時間が増えたことが関係しているのではないでしょうか。」

「大浴場の効果、かもしれませんね。大人数だと自然と風呂に入る時間が伸びますからね、
身体が温まって疲れが抜けていたのかもしれないですね。」

「温熱効果ですか。なるほど…昨日のテストの結果が楽しみになってきました。」

 

後日、先生方からお礼とともに、合宿前後の成績のあがり幅がいままでで一番高かった、
加えて合宿後に体調を崩す生徒が一人もいなかった、という連絡がありました。
子供たちの調子を整えながら効果的に勉強ができた、来年もお願いしたい、とのことです。

塾の合宿というと、大きいホテルの会議室というイメージが強いですね。
うちのような大広間に座布団で、勉強が終わったらみんなでお風呂に入るような合宿もまた、
子供たちの体にも頭にもいいのかもしれません。
これも一種の湯治。使い方次第で応用ができるものだと、あらためて思いましたよ。

温泉楽しい

 

 

「俺のうちのお風呂木で出来てるんだ、かっこいいんだ!今度、入りに来いよ!」

そんな、バスルーム空間を提供できれば・・・と思います。

(フリーバス企画  ジン 談)

和風浴室木の風呂