形態
一戸建て
施工地
神奈川県横浜市港北区

和風バスルーム

築17年の一戸建て住宅のお風呂リフォームです。
腰壁から上の天然の木は、そのまま生かしてリフォームしました。
十和田石の浴槽がきれいな和風バスルームに仕上がりました。

お客様のご要望

和風のイメージは損ないたくない。
大きなコーナー窓をそのまま生かしてリフォームしたい。
木の浴槽は、傷みが激しく漏水もしているので交換したい。
新しい浴槽は、十和田石を貼ったものに交換したい。

フリーバス企画が選ばれた理由

色々な業者に相談したが、希望を叶えてくれるところが無く、全て既製品のユニットバスの提案ばかりだったそうです。
コーナーの窓は無くなる・天然素材が全く使われなくなる・和風のイメージを確保できない等、お風呂部分のリフォーム業者が決まっていなかったそうです。
悩んでいたこと全て、フリーバス企画が解決したためです。

設計・デザインのポイント

リフォーム後

浴槽内部には十和田石、框部分には天然ヒノキ材を採用しました。

浴槽内部には十和田石、框部分には天然ヒノキ材を採用しました。
ドアは水密性を考えアルミ框ドアに交換しました。
腰壁は、大理石調のタイル。
床は、LIXIL社製のサーモタイルを採用しました。

外から見た様子。十和田石のグリーンが綺麗です。外から見た様子。
十和田石のグリーンが綺麗です。

十和田石の浴槽の内部にはステップがあり半身浴も楽しめます。十和田石の浴槽の内部にはステップがあり半身浴も楽しめます。

浴槽の笠木は天然ヒノキです。浴槽の笠木は天然ヒノキです。

浴槽には追い焚き機能もついて経済的です。 width=浴槽には追い焚き機能もついて経済的です。

ドアは透明ガラスを使用し、明るさと開放感を確保しました。洗面室もフリーバス企画工事です。ドアは透明ガラスを使用し、明るさと開放感を確保しました。
洗面室もフリーバス企画工事です。

リフォーム前

木の浴槽は傷みが激しく、漏水していました。木の浴槽は傷みが激しく、漏水していました。

カウンタの上部から水が浸入しているようでした。カウンタの上部から水が浸入しているようでした。

コーナー窓に立つ柱も内部が不安。解体してみると、木の柱にタイルが直接貼ってあり、木がボロボロになっていました。コーナー窓に立つ柱も内部が不安。
解体してみると、木の柱にタイルが直接貼ってあり、木がボロボロになっていました。

お客様の声

イメージ通りのお風呂に仕上がりました。
お風呂嫌いだった子供たちも、今は進んでお風呂に向かいます。

担当社員のコメント

服部 梨枝子

築17年の戸建住宅のお風呂リフォームの現場です。
和風のイメージを損なわず、コーナーの大きな窓を生かしてお客様のイメージ通りの浴室を作ることが出来ました。

木の浴槽の傷みが激しく漏水も発生していました。
新しい浴槽は、漏水の心配が無い十和田石をFRPの下地に貼ったものを採用しました。
腰壁から上の木は従来からのものを継続し、時期を見てクリーニングします。
全て壊して廃棄するのがリフォーム工事ではないと思います。

最近は、既製品のユニットバスを標準採用する住宅メーカーがほぼ100%です。

バスルームにこだわるお客様に提案する場合、
タイルや天然石の知識、それらの納まりがどの様になるか?
お客様の要望する設備機器や素材が、バスルーム(浴室)で仕様が可能か?
安全性はどうか?
最終的にトータル的に美しいバスルーム(浴室)を完成できるか?

この様なバスルームコーディネーターと言うべき提案が出来る人間が非常に少なくなっています。

我々、フリーバス企画のスタッフは、豊富な現場経験、商品知識を有しております。
ちょっとした提案が、お客様のバスタイムを至極のものにすることがあります。

私たちも、新しくチャレンジする態度を忘れず、お客様の満足する「創作バスルームシステム」を作り続けたいと思います。

毎日繰り返す入浴タイム。
ご家族にとって、楽しく、安全な空間になるよう私たちも日々勉強です。
そして、バスルーム空間が一番の場所と喜んでいただけるよう頑張ります。

「日本のお風呂空間を幸せ空間に!」私たちの願いの一つです。