変形のバスルーム

港区青山マンションの和風浴室リフォーム

形態
マンション
施工地
東京都港区青山

港区青山マンションの和風浴室リフォーム

港区青山の和風浴室リフォームです。
マンションの4階のお風呂を改装しました。
マンションでも和風の浴室で楽しみましょう!

お客様のご要望

和風のバスルーム空間を創りたい。
天井のヒノキ材は気に入っているので、このまま使いたい。

フリーバスが選ばれた理由

同じマンションのリフォームを手掛けたフリーバス企画の浴室をご覧いただき、ご発注いただきました。

設計・デザインのポイント

変形の浴室にも対応します。変形の浴室にも対応します。

天然ヒノキを材料に特注で作成した浴槽。天然木の香りがとてもいい感じです。天然ヒノキを材料に特注で作成した浴槽。
天然木の香りがとてもいい感じです。

マンションですが窓は2か所あります。腰壁は天然御影石を使用しました。マンションですが窓は2か所あります。
腰壁は天然御影石を使用しました。

奥まった窓の窓台の部分は、天然御影石で。奥まった窓の窓台の部分は、天然御影石で。

床は、ひんやり感があまりないサーモタイルを使用しました。床は、ひんやり感があまりないサーモタイルを使用しました。

港浴槽に入る時、手すりがあると便利で安全です。浴槽に入る時、手すりがあると便利で安全です。

斜め天井の天然木は、既存のものクリーニング後そのまま使用。斜め天井の天然木は、既存のものクリーニング後そのまま使用。

天井には、「暖房乾燥換気扇」を新たに設置しました。

間接照明も既存のものをそのまま使用しました。

担当社員のコメント

服部 梨枝子

今回のご依頼は、築30年以上たつマンションの浴室リフォームでした。
マンションのリフォームなので漏水対策には神経を使いました。
既存の天然木も使いながら、お客様にはご満足いただきとても安心しました。
一昔前、日本のお風呂の浴槽は、「天然の木」が結構多く見られました。

風呂桶屋さんも街に必ず存在していました。
今は、〇〇風呂店の看板だけが残っているのをたまに見かけます。

私たちフリーバス企画が、創業した18年前、1999年頃は、まだ、ヒノキの浴槽、さわらの浴槽、青森ヒバの浴槽等々を作ってくれるお風呂屋さんが存在していたものです。
しかし、今は、そんなお風呂屋さんを見かけることはありません。

今回のお客様は、築30年位になるマンションにお住いの方です。
なんと、天然木の浴槽があるではありませんか・・・。

しかも、マンションです。
そして、東京の青山というそれはそれはおしゃれな街にそびえたつマンションです。
そしてなんと、30年間「木のお風呂」大事に大事に使っていたそうです。

しかし、「もう限界」とばかりに私たちフリーバス企画に浴室リフォームを依頼してくれました。
私たちに依頼してくれたきっかけは、同じマンションのお風呂リフォームを見学いただいたことがきっかけでした。

新しい「木のお風呂」いいですね。
木の香りがして、日本人で良かった!という感動に浸ることができます。
プラスチックのユニットバスじゃ、ちょっと感動が薄いかも・・・。

日本人から「感動力」を奪ったのは、金太郎飴の大量生産品かもしれませんね。
私たち、フリーバス企画は、お風呂を通じて微力ではありますが「日本人の感動力」の復興に役立っているかもしれないことに「誇り」を持っています。

バスルームにこだわるお客様に提案する場合、
タイルや天然石の知識、それらの納まりがどの様になるか?
お客様の要望する設備機器や素材が、バスルーム(浴室)で仕様が可能か?
安全性はどうか?
最終的にトータル的に美しいバスルーム(浴室)を完成できるか?

この様なバスルームコーディネーターと言うべき提案が出来る人間が非常に少なくなっています。

我々、フリーバス企画のスタッフは、豊富な現場経験、商品知識を有しております。
ちょっとした提案が、お客様のバスタイムを至極のものにすることがあります。

私たちも、新しくチャレンジする態度を忘れず、お客様の満足する「創作バスルームシステム」を作り続けたいと思います。

毎日繰り返す入浴タイム。
ご家族にとって、楽しく、安全な空間になるよう私たちも日々勉強です。
そして、バスルーム空間が一番の場所と喜んでいただけるよう頑張ります。

「日本のお風呂空間を幸せ空間に!」私たちの願いの一つです。

これからも、オンリーワンのバスルームスタイル創りに頑張ります。
私たちの仕事は、ワクワク楽しいバスルーム空間を創ることです。