和風温泉のようなバスルームを創る時に知っておくべき重要なポイント

和風温泉のようなバスルームを創る時に知っておくべき重要なポイントを、数回にわたってアドバイスしたいと思います。

私たちは、オーダーメイドのバスルーム空間を主にオーダーメイドのユニットバスを提案し、製造することによって22年間皆様と関わってきました。

22年間の事例を振り返ってみると、「和風のバスルーム空間」の事例が多く、
これは、日本人にとって和風のバスルーム空間を創るのは憧れの一つなのではないか?
と考えるようになりました。

そこで、「和風温泉のようなバスルームを創る時に知っておくべき重要なポイント」をご紹介します!

天然木のお風呂は、メンテナンスを行わずほっておくと…

和風のバスルーム空間を創る場合、素材に天然木を選択する場合が多いです。

一般にバスルーム用に加工されている天然木は、様々なメーカーから発売されています。
しかし、私どもの知っている限り、どのメーカーの物も、耐久性に関する保証はありません。

ですから、メンテナンスを行わずほっておくと・・・・下の画像のようになります。

メンテナンス前の和風天然木を使ったお風呂

和風のバスルーム メンテナンスしない場合
メンテナンスしない場合

木の部分が、傷んだり、腐朽しても、木の製造業者・施工者誰も補修してくれません。
この事実を受け入れることが重要です。

ですから、浴室で使う木の耐久性は何年だろう?と思っている方には、実はあまりお勧めできません…。

しかし、ここで諦めては話が先に進みません。
「和風温泉のようなバスルームを創る時に知っておくべき重要なポイント」に話を進めることが出来なくなります。

そこで・・・・・・・・

天然木を使ったお風呂は「メンテナンスにお金を掛ける必要がある」と知ることが大事!

次の心構えは、メンテナンスにお金を掛ける必要があるということです。
下の写真は、木の部分のカビ抜き・クリーニングをする前と後の物です。
プロの手で焦らず時間を掛け、作業をしたものです。

天然木を使ったお風呂 メンテナンスBefore After

Before

Before

After

After

Before

Before

After

After

洗い場に接する木の部分は、完全に黒ずみ腐っているので、カットし御影石を採用しています。
木の部分は、プロの業者が、業務用の薬剤を使って丁寧に時間を掛けて行います。
木材の中に浸透しているカビ菌を、殺す必要があるので時間が掛かるのです。

この作業の際、木をむやみに削ったり、最初から漂白剤を多量に使用する業者には注意してください。漂白剤をむやみに使用すると、木が白く変色してしまいます。

結論:プロによるメンテナンスを定期的に行う必要がある

私たちは年に1回のメンテナンスをお奨めしています。
作業の時間も短く、費用も安く済みます。

和風バスルーム + フレームレスガラスドア

ぜひ、メンテナンスもフリーバス企画にご相談ください。

素敵なお風呂(バスルーム)を綺麗に保つメンテナンスなら、フリーバス企画へ

もっと自由に日本のバスルーム。
バスルーム空間もワクワク楽しい空間に。

特殊なオーダーメイドのお風呂(バスルーム)空間のメンテナンスなら、フリーバス企画に是非ご相談ください。
私たちフリーバス企画が、お手伝いします。

お急ぎの方は、お電話でお問い合わせくださいね。
044-788-7160
年中無休で、知識豊富なスタッフが電話でご相談をお聞きします。

もしくは、メールでお問い合わせください。
24時間受付しています。
お問い合わせフォームはこちら

ご自身の理想のバスルームや、こんなことできる?といった相談など、お気軽にお問い合わせくださいね。

お客様一人一人のバスルーム空間を提供し続ける、フリーバス企画

浴室は、単に体を洗う場所だけではない、とフリーバス企画は考えています。

心身共に健康を維持するための大切な場所であるはずです。

だから、私たちフリーバス企画は、
お客様一人一人のバスルーム空間を提供し続けたいと思っています。

関連記事

新着施工事例

  1. 車椅子ユーザーの方もご家族で一緒に楽しく入浴できるデザインバスルーム

  2. 高層マンションのシャワー付き岩盤浴ルーム

  3. 漆喰職人さんも参加した築100年の戸建て住宅のお風呂リフォーム

  4. 自宅で楽しむ、ぬくもりいっぱいの天然木造りのお風呂(ユニットバス)

  5. ホテルのスイートルームのような円形ジェットバスのラグジュアリーバスルーム

最近のブログ記事

  1. 日本最初の家庭用ユニットバス「バスオール」をご存知ですか?

  2. 第二弾!柔らか浴槽「ソフトタブ」を体験してビックリマンになろう!

  3. LIXIL主宰の志村豊氏「タイル・デザインセミナー」参加しました

  4. 柔らか浴槽「ソフトタブ」を体験してビックリマンになろう!

  5. バスリフォームの大事なポイント!「ドア」について意識したことありますか?